ヤーマンの技術

ヤーマンの技術

単に奇抜な製品をつくればいい。
ヤーマンのオリジナリティは、そういう考えとは一線を画しています。

確かな美容効果と安全性を、高次元で両立する新技術を生み出していくために。
効能評価に裏打ちされた理論と技術の蓄積を続けています。

ヤーマンの技術の追求に、終わりはありません。

二重リング電極

広く、深く、均一に肌を温め、肌悩みにアプローチ。

RF(ラジオ波)は、肌の深部※1まで温める性質があり、美容クリニックやエステサロンでも採用されています。

効果的にRFを届けるカギは、「電極」の構造にあります。
一般的なRF美顔器に見られる「点電極」では、動かし方によってムラができてしまうため、ヤーマンは二重リング構造の電極を独自に開発。広範囲にまんべんなくRFを届けることを可能にし、エイジングケア※2が安全かつ手軽に行えるようになりました。

ヤーマンの挑戦は、さらに続きます。
より効率的で効果的なリフトケア※3を目指し、特許を取得した「二重リング電極」をアップデート。
2種類のRFに加え、表情筋を刺激するEMS、そして光の出力を同一面にセットした「4重サークル技術」へと進化させました。複合的なアプローチによる短時間のケアで、ハリと弾力のある肌へと導きます。

ヤーマンがつくった美しさの新常識。
それを塗り替えるのもまた、ヤーマンの技術なのです。

※1 角質層まで
※2 年齢に応じたケア
※3 機器を上に動かすこと

ウェアラブル美顔器

装着するだけで、表情筋を効果的に鍛える※1

美しさのために、肌だけではなく、顔から変える。
ヤーマンは、人の印象を決める顔の下半分の筋肉に着目。電気信号によって筋肉を刺激するEMS技術を美容機器に応用しました。

しかし、すべての筋肉を一気に鍛える※1のは逆効果。
メディリフトでは、鍛える※1べき筋肉は動かし、休ませるべき筋肉にはストレッチを施すなど、筋肉の特徴に合わせた適切な波形を出力し、効率的なケアを実現しています。

装着するだけでOKという手軽さは、これまでの美容機器にはない大きな強み。
顔にしっかりフィットする計算し尽くされた形状や、リフトケア※2とEMSの相乗効果を届ける技術など、マスクのような製品の裏側には、オリジナリティにこだわるヤーマンの真髄が隠されています。

※1 電気信号を筋肉に伝え、筋肉を動かすこと
※2 機器で肌を持ち上げてケアすること

DYHP ダイナミックハイパーパルス

美容成分を肌の深部まで届ける技術。

美容クリニックで採用されている「エレクトロポレーション」は、電気の力で角質層に一時的に孔(あな)を作り、美容成分を肌に届ける技術です。

ヤーマンは、独自の浸透波形を用いることで、家庭用美顔器で業務用機器と同様の効果を実現することに成功。
美容成分を角質層まで引き込むため、浸透効率を飛躍的に高めることが期待できます。

これが、ヤーマン独自の「ダイナミックハイパーパルス」。
技術の限界への挑戦によって、またひとつ理想の美へと近づきました。

※角質層まで