開発ストーリー

ホットシェイブ

毎日のシェービングを肌ケア習慣にするというヤーマンからの新たな提案、「ホットシェイブ」。
それは、電気シェーバーとRF美顔器をひとつにするという、かつてない挑戦でした。

進化のきっかけは、
男性に新しい美の習慣を提案したい。

「美しくありたいと願うすべての人へ、新しい美の体験を」。その想いのもと、ヤーマンは画期的な美容機器を生み出し続けてきました。
男性の美容意識の高まりに応え、新しい美の習慣を提案することはできないだろうか。そう考えた私たちは、男性の毎日に無理なく組み込める習慣として、シェービングに着目しました。
お手入れ不足や毎日のシェービングで肌に負担をかけたり、実は弱くなっている男性の肌。優しくしっかり剃るためには、温めながら剃ることが重要です。そこで、ヤーマンの定番技術である、RF(ラジオ波)を採用することを思い立ちます。

数々の美容機器を提供してきたヤーマンにとっても、RF(ラジオ波)機能を搭載した電気シェーバーの開発は初めての経験です。
私たちは、刃の材質や配置、ヘッドの動きを独自に追求。試行錯誤を繰り返し、肌の曲面に吸い付くように密着するヘッドを開発しました。
続いて直面したのは、パワーの課題です。3つの電極に通電するためには、これまでのバッテリーではパワー不足。電圧が高くなると、サイズが大きくボディに収まりません。
そこで、小型で高出力なRF(ラジオ波)電源や基板を新たに生み出し、電気シェーバーとRF(ラジオ波)の機能をコンパクトなボディに両立しました。

着脱・首振りヘッドに、本格的な防水性能を追求。

お風呂でのシェービングを習慣にしている男性は少なくありません。その際、シェーバーに求められるのは高信頼の防水性能です。
水に濡れた状態でRFとシェーバーに通電するために不可欠なのが、強靭で耐水性を備えた電導素材。
しかし、水に強い素材は電気特性が不十分であり、ヘッドに必要な電力を供給することができません。
そこで私たちは、様々な素材から強さ・耐水性・電気特性に優れたものを選び出し、独自の加工を施すことによって理想的な素材を生み出しました。
続いて課題となったのは、着脱・首振りヘッドの防水。これまで、固定した電極に通電する技術はあり、着脱・首振りを可能にする防水技術もありましたが、その両方を兼ね備えたものは存在しませんでした。
この難問解決のヒントとなったのは、実は「防水ガラケー」に使われていたバネ接点と呼ばれる技術。
ホットシェイブを肌に滑らせるたび、6軸6方向の動きに合わせて数十もの接点とバネが、関節と筋肉の関係のように連動。
複雑な動きと防水性能を備えたヘッドを実現させたのです。

※IPX7

ヤーマンのDNAから生まれた、男性美容機器のこれからを拓く一台。

男性向けの製品開発というこれまでにない挑戦は、開発部門だけでなくヤーマン全体を熱気に包みました。
試作機ができるたび、開発とは直接関係のない部門からも膨大なフィードバックが届き、課題発見・改善のプロセスを強力に後押し。
経験のない課題と直面した際も、全社一丸となって解決に取り組みました。
それは、「世の中にまだないものをつくる」というDNAが、ヤーマンのすみずみに息づいているからに他なりません。
シェービングを通じてヤーマンの美容テクノロジーを、男性にも体感してほしい。そんなヤーマンの強い想いと技術の結晶がここにあります。

その他の開発ストーリー

開発ストーリー: メディリフト
何もしないでもケアができる美顔器を。
開発ストーリー: フォトプラス
業務用のRFを家庭に、という発想。
< 開発ストーリー一覧に戻る